“マングローブ”の漢字の書き方と例文
語句割合
紅樹林100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
土人の“Maraiboマライボ”という水上家屋のあいだを抜け、紅樹林マングローブの泥浜にぐいと舫を突っこむ——これが、往復八千キロの旅路のおわりであった。
「太平洋漏水孔」漂流記 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)