“フラクチュエーション”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
偏差50.0%
微変動50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その中対流は不安定なもので、顕微鏡的に見た即ち非常に小範囲内での激しい偏差フラクチュエーションがあるものである。
(新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
その状態が進んで、化学変化がもっと激しくなると、温度の微変動フラクチュエーションももっと大きくなり、或る一部で相当の大きさの塊を射出し得るくらいの瓦斯発生を伴う変化が起り、その時射出された小滴が火花として眼に見えるのである。
線香花火 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)