“スーチョワン”の漢字の書き方と例文
語句割合
四圏100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでとうとうつづいて四圏スーチョワンやることになったのだった。
彼が殺したか (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)
所が、八圏がすんだ頃は、雨も未だ甚しく中々やみそうもない上、丁度道子の大勝だったので、一番敗けた清三が珍しく夢中になって口惜しがり、もう四圏スーチョワンやろうというので、又それをつづけたそうですから、結局十二圏シアルチョワンやり続けた事になるのです。
彼が殺したか (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)