“カルキ”の漢字の書き方と例文
語句割合
加爾幾100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
重炭酸加爾幾カルキは水に混合してその性を剛ならしめ、鉄瓶等の裏面に附着する水垢みずあかと称するものは、たいてい皆この加爾幾なりとの理は
物理学の要用 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)