“わんてい”の漢字の書き方と例文
語句割合
椀底100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
椀底わんていの様子を熟視すればするほど気味きびが悪くなって、食うのが厭になったのである。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)