“もんりん”の漢字の書き方と例文
語句割合
門鈴100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時々近所の門鈴もんりんの音が揺れたり、石炭殻の敷かれた道を歩く跫音あしおとが、聞えたりするきりであった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)