“へいがしら”の漢字の書き方と例文
語句割合
塀頭100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
間もなく塀頭へいがしらへ手が掛かる。ひょいと邸内を覗いて見て「むう——」と思わず唸ったものである。
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)