“ばいちょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
陪聴100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一冊の万葉集を真中に置いて、炉の一方には良斎先生が陣取り、それと相対して北原賢次とお雪ちゃん――陪聴ばいちょうの役として留守番の喜平次も顔を出せば、お雪ちゃんの連れの久助さんも並んでいる。
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
PR