“ばいたらようじゅ”の漢字の書き方と例文
語句割合
貝多羅葉樹100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここの名物という塩竈や貝多羅葉樹ばいたらようじゅや、泉の三郎の鉄燈籠かなどうろうや、いずれも昔から同じもので、再遊のわたしには格別の興味を与えなかったが、本社を拝して横手の広場に出ると、大きな神楽かぐら堂には笛と太鼓の音が乱れてきこえた。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)