“ばいたこんじやう”の漢字の書き方と例文
語句割合
賣女根性100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お福を俺の嫁にしても、行く/\は仲屋のものは仲屋に返さなければなるまい。――惡智惠のたけた勘兵衞は、俺を聟にして多賀屋の養子に直し、難癖なんくせをつけて追出すことを考へた、――賣女根性ばいたこんじやうの――江戸一番の性惡娘を、この錦太郎に押し付け、嫌應いやおう言はせぬ祝言させようといふのは、皆んなそのためだ。
PR