“ばいくわくわい”の漢字の書き方と例文
語句割合
梅花会100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
保雄は一面詩人を以て任ずると共に一面に後進の詩人の教育者を以て任じて居る丈あつて、彼の率ゐる梅花会ばいくわくわいの会員から有望な青年文学者を出して居る事も少く無い。
執達吏 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)