“はちやしんご”の漢字の書き方と例文
語句割合
蜂屋慎吾100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて、その兵助がいうと、蜂屋慎吾はちやしんごが、前から頭数を読んでいて、
銀河まつり (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蜂屋慎吾はちやしんごといって、藩の次席家老のせがれであるが、少し流行の洋学かぶれがして、変屈者に出来あがってしまった上に、虚弱で困るという親心から、彼の父が、わざわざ藩の狼火方同心にたのんで、この山間僻地へきちの勤務へ、懲戒ちょうかいという意味で、役付きを廻してよこしたのだという、厄介な男であった。
銀河まつり (新字新仮名) / 吉川英治(著)