“とつりょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
突梁100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「だめです、船長。なまじあがいたら、僕らは復讐されますぜ。発砲はやめます。敵艇の砲手の腕前は、驚くべきものですよ。断じて、盲目弾めくらだまではない。最初の警砲は、本船の右舷近くに落ちたでしょう。それから、旋廻したにもかかわらず、二の弾は、船首の突梁とつりょうに命中したのです。船長、本船は翻弄されているんです」
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)