“ちょうむ”の漢字の書き方と例文
語句割合
蝶夢100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一、 初雪やくばり足らいで比枝許ひえばかり 蝶夢ちょうむ
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)