“たこくしんぴつなん”の漢字の書き方と例文
語句割合
他国侵逼難100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後者は蒙古襲来が一種の背景をなしていて、日蓮が他国侵逼難たこくしんぴつなんを説くあたりは、やや時局を匂わしている感がないでもなく、劇場当事者もその意味から採用したらしいようであったが、いずれにしても戦争熱が熾烈の最中に
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)