“ぜいたくつきあい”の漢字の書き方と例文
語句割合
贅沢附合100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
衣裳万端その望に任せて之を得せしめ、芝居見物、温泉旅行、春風秋月四時しいじの行楽、一として意の如くならざるものなければ、俗に言う御心善おこころよしの内君は身の安楽を喜び、世間の贅沢附合ぜいたくつきあいに浮かれて内を外にし
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)