“ぜいさん”の漢字の書き方と例文
語句割合
贅餐100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幸い、私には西陣に親戚があったので、関西に旅するたびにそこを訪れ、大市から取っては義兄と二人で、その贅餐ぜいさんに喉を鳴らした。
すっぽん (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)