“ぜいぎ”の漢字の書き方と例文
語句割合
贅議100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大は世界の形勢より小は折花攀柳はんりゅうの韻事まで高談放論珍説贅議ぜいぎたたかわすに日も足らずであった。
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)