“すぎもと”の漢字の書き方と例文
語句割合
杉本100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「世田谷の杉本すぎもとというものです。夜光人間が、こんばん、わたしのうちへ、やってくるのです。それで、明智先生に、おいでをねがいたいと思いまして。」
夜光人間 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)