“じゃかごづく”の漢字の書き方と例文
語句割合
蛇籠作100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
迂濶千万、今までのことにまぎれて、それを忘れていたが、あの名取川べの蛇籠作りの時に、あの男が、房州に残し置ける拙者の財産を、危急の場合にかき集めて
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
あの名取川の蛇籠作りの変な老爺——こっちは話に夢中で忘れてしまってはいたが、先方は
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)