“じだま”の漢字の書き方と例文
語句割合
地玉100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遠い地方にはいわゆる「地玉じだま」といってその土地の藍もありましたが、何といっても「阿波藍」は藍の王様でありました。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)