“じじゅうしげよしこう”の漢字の書き方と例文
語句割合
侍従重喜公100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「白々しいことを申すな! 阿波の侍従重喜公じじゅうしげよしこう、おそれ多いが名君でおわすぞ。いわれもなく、何でかようなことをするものか。そのとがは汝らの胸に覚えがあろう。申し開く筋があるなら、とにかく安治川のお下屋敷へきた上にいたせ」
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)