“じじぶつぶつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
事々物々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いま泰軒の言ったとおり、江戸の大空に明鏡をかけたように、大小の事々物々じじぶつぶつ、大岡様の眼をのがれるということはないのですから、この、巷に隠棲する作阿弥を、かねてからそれとにらんでいたとしても、すこしのふしぎもないので。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)