“じじざむらい”の漢字の書き方と例文
語句割合
爺侍100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
爺侍じじざむらいは、竹の仕切り越しに手をのばして、虎の毛に触れながら、
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)