“しんまいこ”の漢字の書き方と例文
語句割合
新舞子100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「みんな知ってる? こんど、大きなくじらが、新舞子で見世物になっているとさ。なんでも、十メートルほどもあるんだって」
(新字新仮名) / 新美南吉(著)
そして大野の町をすぎ、めざす新舞子の海岸についたのは、まさに、太陽が西の海にぼっしようとしている日ぐれであった。
(新字新仮名) / 新美南吉(著)