“しんざうあやづる”の漢字の書き方と例文
語句割合
新造綾鶴100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(門の内より藤枝外記、廿五歳の武士。大菱屋綾衣、廿一二歳の遊女。むさしやと記せる貸傘を相傘にして出づ。あとより新造綾鶴出づ。)
箕輪の心中 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
箕輪の心中 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)