“しるしらぬ”の漢字の書き方と例文
語句割合
知不知100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さう、さ。」斯う義雄の今の語勢が云はせたが、渠は決して實際に花子のところへは行きたくない。花子ばかりではない、敷島を知つてからは、他の知不知しるしらぬのどこへでも行きたくないのだ。
泡鳴五部作:04 断橋 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)