“しゆろなは”の漢字の書き方と例文
語句割合
棕梠繩100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「出來るとも、立樹の桃の枝は、思ひの外柔かいものだ。それを棕梠繩で張ると、弱くはあるが手頃の弓になる。その上棕梠繩は桃の幹や枝にまぎれて、夜ではとても見えない」
「庭の手入れでもするのかな、棕梠繩がうんと用意してあるが」