“ごりつめい”の漢字の書き方と例文
語句割合
御立命100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いえ先生は既に亡くなられました。今日はそれをお教えして、死後の御立命ごりつめいをおすすめに来たのです。先生には死んだような気がなさいませんか」
西湖の屍人 (新字新仮名) / 海野十三(著)