“ごうかつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
豪黠100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一旦自分に対して深刻の敵意をさしはさんだ狠戻こんれい豪黠ごうかつの佐々成政を熊本に封じたのは、成政が無異で有り得れば九州の土豪等に対して成政は我が藩屏はんぺいとなるので有り
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)