“くんすい”の漢字の書き方と例文
語句割合
薫酔100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は、侍坐の重臣に、そう語り終ると、また数杯をかたむけて、面色大いに薫酔くんすいを発した。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)