“くろそこひ”の漢字の書き方と例文
語句割合
緑内障100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
眼鏡の下の三木雄の眼はその病症が緑内障くろそこひであるせいか眼鏡の下に一寸見には生き生きと開いた眼に見えた。
明暗 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)