“くろずり”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒磨100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大きな眼鏡のね、黒磨くろずりでもって、眉毛から眼へかけて、頬ッペたが半分隠れようという黒眼鏡を懸けて、希代さね、何のためだろう。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)