“きりふりのたき”の漢字の書き方と例文
語句割合
霧降瀑100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さういふ婆さんは、大抵寂光から裏見へ行く山の中、裏見から慈觀瀑の上一里ほどの處へ出かけて行つてそして採つて來るのであつた。霧降瀑の奧の方でも採れた。
日光 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)