“きりしたんろう”の漢字の書き方と例文
語句割合
切支丹牢100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの厳重な小石川の切支丹牢を破って出られるわけもないし、こういう山間に、こういう多くの人と共に居るわけもない——と自分でその驚きを打ち消してみるものの、近づいて行けば行くほど
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)