“きよもとえんだゆう”の漢字の書き方と例文
語句割合
清元延太夫100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
即ち清元延太夫である。もとが立派な旗本で、芸風に非常な気品があった。それが上流に愛されて、豊かな生活をすることが出来た。
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)