“きよがい”の漢字の書き方と例文
語句割合
去害100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此冬山本去害と云ふものが江戸を立つて小田原に往つた。蘭軒のこれを送つた五律がある。尋で去害が小田原から七律を寄せたので、蘭軒は又次韻して答へた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)