“きょうぼくせいか”の漢字の書き方と例文
語句割合
喬木世家100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ある日往くともなしに足にせて断橋へ往ったところで、左側に竹林があってその内から高い門が見えていた。近くへ往って見るとその門には喬木世家というをかけてあった。
断橋奇聞 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)