“きゅうせいりん”の漢字の書き方と例文
語句割合
汲井輪100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けだし、石の無心の風車が、無限にクルクルと廻るのも、帰らぬ人の魂を無限の底から汲み上げる汲井輪の努力かも知れない。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)