“きゅうけいそうどうずいひつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
九桂草堂随筆100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
九桂草堂随筆』巻八には、また次のような話がある。広瀬旭荘先生の実験である。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)