“きゅうけ”の漢字の書き方と例文
語句割合
舅家100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
親王がた、高官たちも同時に院へ伺候した。源右大臣と、その舅家の太政大臣の二系統の人たち以外にはなやかなきれいな人はないように見える夜である。
源氏物語:46 竹河 (新字新仮名) / 紫式部(著)