“きやとく”の漢字の書き方と例文
語句割合
木屋徳100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「これは木屋徳といいましてね、私とは飲み友達だし、こんどのいきさつもすっかり知っている。なかんずく、貴方と笠井との縁組の件などはね」
竹柏記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)