“きやうぼうせい”の漢字の書き方と例文
語句割合
狂暴性100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
辰つアんは、さう言つて、急に、例の眉間の瘤の周圍に、恐ろしい狂暴性を浮ばせ、おきみと周三へ言ひかゝつて來た。
天国の記録 (旧字旧仮名) / 下村千秋(著)