“きもり”の漢字の書き方と例文
語句割合
木森100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
タングルウッドと湖水との間の低地の、こんもりとした木森や林の縁廻りなどは、山腹の木の枝葉よりもひどく霜を受けたと見えて、大抵は金色か焦茶色に紅葉していた。