“きみはい”の漢字の書き方と例文
語句割合
君輩100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
君輩のごとき同窓の友を会して。ゆるゆるお咄しがしたいけれど。親父があの様子ゆえ。外へも出られない始末だから。おもうようにはいかないのサ。二三日跡からめっきり様子がいいから。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)