“きままかって”の漢字の書き方と例文
語句割合
気儘勝手100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
為すことも気儘勝手、出入りも自由。けれどもその自由放任が、ある時は、無制限になって、ここから夜な夜な市中へ向けてきりとり強盗に出かけたものまでが黙認される。
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)