“きぶっせい”の漢字の書き方と例文
語句割合
気不精100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平生でも兄と差向いになると多少気不精には違なかったけれども、その日ほど落ちつかない事もまた珍らしかった。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)