“きぶすま”の漢字の書き方と例文
語句割合
木襖100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
考えても見るがいい。この息抜きもないようなで、出入口は、厳重な木襖じゃあないか——それを、ぴッたり閉めて、錠を
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)