“かんちょうらい”の漢字の書き方と例文
語句割合
寒頂来100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お関所にしては屋敷は広いが、表がかりが寒頂来かんちょうらいだ、お関所も時勢につれて、身代が左前になったから、こっちの方へ引込んで、隠居仕事に関代せきだいをかせいでいるのかも知れない——などと、米友が予想しながら
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)