“おめんし”の漢字の書き方と例文
語句割合
御面師100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ほんのわずかばかりの酒で、私はその時底もなく酔つてしまつた。——どんなはなしを彼と取り換したか殆んど記憶もないのだが「御面師おめんし——御面師とは?」
病状 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)